ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

薄毛に悩む20代。AGAによる若ハゲ進行に植毛をするメリットはあるのか?

薄毛の症状は、年齢を問わずに発症する可能性がある

特徴的な若ハゲの症状としては、主に男性型脱毛症(AGA)です。
この症状に関しては20代といった比較的早い段階であっても発症する可能性がありますので、早いうちに対策をしておくことで脱毛の進行を食い止める事が出来ます。
この男性型脱毛症(AGA)には、以降に説明する2つの対策が一般的になっています。

医薬品の利用におけるメリット・デメリット

まず、専門の医薬品などを利用して男性型脱毛症(AGA)を食い止める方法です。 若ハゲが進行する時の症状というのは、そのほとんどが男性型脱毛症(AGA)になるので、この症状を抑える事に特化した医薬品を利用することによって、症状の進行を弱めたり、正常なヘアサイクルに戻す事が可能になります。
ただ、医薬品を利用する場合は、長期的に服用・塗布を行わなければならないといったデメリットが存在しています。
費用も継続的に支払う事になり、どれだけの期間で治療を完了させることができるかが不明瞭です。
薄毛の改善速度には個体差が存在するので、想定していたような改善が見込まれなかった場合はそれだけの時間が必要になってしまいます。
また、医薬品とはいっても医療機関から提供される薬剤にはいくつかの種類が存在します。
頭皮に対して直接的に塗布するタイプのものや、服用するタイプのものと様々です。
通販などで購入できるものが存在しますが、一人ひとりに対して適したものを選択する必要があるので、実際に医薬品で治療を進めていく際は、医療機関において医師に相談をすることをお勧めします。
よって、結局は専門のクリニックで処方治療を進めていくことが求められるのです。

自毛植毛という方法におけるメリット・デメリット

一方で、もう1つの治療法としては自毛植毛という方法があります。
自毛植毛とは、その名前の通りでやり方としては、自分の頭皮に残っている毛根(髪の毛)を利用して、頭皮を切り取り、それを張り付けるといった手術を行っていく方法のことを指します。
自毛植毛の大きなメリットは、一般的な人工毛髪を利用した植毛と異なり、副作用などが生じにくい点です。
それまでは、手術を行う際はポリエステルやナイロンなどを利用した人工毛髪が利用されていました。
しかし、人工毛髪には人体に対して悪影響を与えてしまうという難点があった為、危険な行為であるとして衰退した背景があります。
この難点というのは、免疫機能の暴走です。
人工毛髪は確かに見た目は非常に綺麗なのですが、自然にできたものではありません。
そのため、頭皮に直接的に定着させると身体の免疫機能が暴走し、その人工毛髪に攻撃をしてしまうという事例が確認されました。
その結果、手術前よりも頭皮の状況が悪化してしまうという最悪の事態を招いてしまったのです。

自毛植毛や医療行為の手術である

実際に、こういった方法は日本国内でも提供されなくなっていますので、男性型脱毛症(AGA)として提供する植毛手術はそのほとんどが自毛植毛になっています。
自毛植毛の最大のメリットは、男性型脱毛症(AGA)に対しても効果があると認められている点にあります。
長期的に医薬品を利用して治療していくときと異なり、手術に成功し、ダウンタイムを過ぎれば、それだけで頭皮の状態を改善することが見込まれる利点が存在するのです。1ヵ月程度はショックロスといって、抜ける現象が見られ、失敗したのでは?と不安になる事もありますが、一年後には安定しだすので心配する必要はあまりありません。
もちろん、手術費用が必要になりますが、自毛植毛に成功すると男性型脱毛症(AGA)によって抜けたり落ちていた髪の毛の質そのものが活発に伸びるなるような変化が現れる仕組みです。

104万円つぎ込み、現在3年ローンで増毛中の稲田だが、問題がひとつ。「刺激を与えないように」と言われているにも関わらず、漫才中、相方・河井ゆずるにツッコミを入れられると、そのたびに髪が抜けてしまうというのだ。

引用元:「植毛はオペ、増毛はファッション」 アインシュタイン稲田の名言が話題に
メンテナンスをきちんと行うことによって、後年の脱毛症を予防するきっかけにもなります。
また、側頭部や後頭部に自毛が残っていればその髪の毛を利用して手術をすることができますので、他人をドナーとする必要がありません。 ドナーとして、自分の髪を利用して手術する事により、副作用の面で安心して利用することができます。
年齢や性別も問わず、女性でも利用することができるものでもあるため、文字通り20代といった若い世代でも問題なく手術を受ける事が可能なのです。

最終更新日

AGA , やり方 , 一年後 , 仕組み , 伸びる , 失敗 , 女性 , 手術 , 抜ける , 植毛 , 男性型脱毛症 , 自毛植毛 , 若ハゲ , 薄毛 , 1ヶ月

    名称アスク井上クリニック
    詳細ハイブリッド自毛植毛「アイセイフ(i-Safe)」は、井上院長が自毛植毛手術の経験と実績を基に考案・開発を行ってきた手法。「刈り上げない・切らない移植方法」のFUE法です。
    薄毛治療20数年の経験と4,500症例超
    痛みや腫れが少なく、仕上がりの美しさを追及してナチュラルな植毛を目指している。
    詳細
    施術i-SAFEスタンダード
    i-SAFEアンシェーブン
    値段i-SAFEスタンダード
    基本治療費 185,000円+1グラフトあたり700円
    i-SAFEアンシェーブン
    基本治療費 185,000円+1グラフトあたり1,200円
    ※全て税別
    カウンセリング費用ドクターカウンセリング:無料
    初診・再診料:無料
    血液検査:無料
    備考診察から手術、アフターフォローまで院長自らが行うので、薄毛の悩みや植毛手術の不安について相談しやすいのも特徴です。
    所在地東京都新宿区歌舞伎町2-46-3  TWG新宿(西武新宿駅前ビル)6階
      名称KM新宿クリニック
      詳細KM新宿クリニックで行うFUERS(ヒュエルス)植毛は、「増毛効果のスピード」、「仕上がりの自然さ」、「痛みや傷跡の少なさ」を実現するために開発された日本の技術です
      1.一生負けない髪を作れる
      2.自然に仕上がる
      3.傷や火傷などの医療植毛にも対応
      という植毛を提案してくれます。
      詳細
      施術FUERS(ヒュエルス)植毛
      値段FUERS(ヒュエルス)植毛:基本料金 200,000円+1グラフト600円~
      ※全て税別
      カウンセリング費用初診料2000円(税抜)、再診料1000円(税抜)
      備考モニター募集があります。
      所在地東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
        名称アイランドタワークリニック
        詳細独自の自毛植毛「i-Direct」
        コンプレックスを解消し本当に満足して頂けるよう、数多くの症例を経験した医師が自然な仕上がりとなるデザインを綿密にプランニング。植毛に精通した熟練の医療チームによるスピーディな施術で、患者様の体への負担と髪の毛へのダメージを最小限に抑えて生着率が95%以上
        詳細
        施術進化し続けるi-Direct法
        新技術、刈らないDirect法
        値段i-Direct法
        基本治療費 200,000円+1グラフトあたり1,200円
        刈らないDirect
        基本治療費 200,000円+1グラフトあたり2,000円

        ※全て税別
        カウンセリング費用カウンセリング料:無料
        備考5割引、3割引ののモニタープランがあるので気になる人はカウンセリングで相談するのがお勧めです。
        全額返金制度、AGA治療薬フォロー制度、交通費・宿泊費サポート制度、医療ローンサービス「メディカルクレジット」などサポート体制も豊富。
        所在地東京都新宿区西新宿6-5-1アイランドタワー5F
        他、大阪、名古屋、福岡