ホーム 運営者情報 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

プール、シャワー、サウナでばれない植毛の魅力

植毛の歴史は19世紀から始まっている

植毛は、外科的な技術を用いて行う薄毛治療で、19世紀の終盤に考案されたと言われています。日本でも20世紀の初頭には既に基礎的な研究が進められており、1939年に国内の医師が発表した研究成果がアメリカに渡って発展し、現在の方法のベースが形成されることになりました。

なお、植毛には自らの毛根組織を採取して移植する方法と、人工毛を頭皮に植え付ける2種類のやり方があるのですが、これらは安全性と有効性において大きな差異があります。
ちなみに、2017年に公益社団法人日本皮膚科学会が発表した「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン」では、自毛を用いて行う方法に関しては行うよう勧めるという意味のB(女性に対しては行っても良いという意味のC1)という評価だったのに対して、人工毛を植え付ける方法に対しては行うべきではないという意味のDと評価しています。

このために、一般的に植毛として実施されているものは自らの毛根組織を移植する方法で、主に後頭部の毛根組織を採取して行います。つまり、この部分に移植できるだけの毛根組織が残っていることが施術を行うための条件で、年齢や性別、脱毛症の原因などは基本的には不問です。ちなみに、世界全体での年間の施術数は約40万件で、そのうちの約15%は女性を対象としています。

ただし、男性型及び女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて男女で評価に違いが有ったように、男性を対象として行う方が効果を期待できます。これは、男性の薄毛の大部分は生え際から頭頂部にかけての範囲に集中しており、後頭部の毛根組織は健康的な状態を維持しているケースがほとんどだからです。

植毛は女性に多いびまん性脱毛症には効果が出ないことがある

これに対して女性の薄毛はびまん性脱毛症などと呼ばれるように、全体の髪の毛が軟毛化してしまうのが特徴です。このために、後頭部の毛根組織も委縮している場合があるので、これを採取して薄毛部分に移植しても上手くいかないというケースが起こり得ます。
これは、脱毛症を引き起こす原因を担っているⅡ型5α-reductaseの分布が男女で違っているためと考えられます。

スポーツ選手は植毛をして成功している

このように完全なオールマイティーとは言えない自毛植毛ですが、上手くいった場合の仕上がり具合は他の薄毛治療とは比較にならないレベルにまで達します。例えば、イングランドのプレミアリーグで活躍中のサッカーのスーパースター「ウェイン・ルーニー」は、2度にわたる植毛手術で見違えるほどフサフサのレベルにまで復活することに成功しています。

しかも、サッカーといえばヘディングなど頭部に強い衝撃を受けることが頻繁に起こるのですが、ルーニーのプレイに施術前との変化は全く見られません。つまり、プレーヤーとしてのスキルが全く低下していないという事で、薄毛を改善する効果が高いだけではなく安全面においても優れているという事です。

植毛なら雨の時やプールやシャワーでもバレない

雨天でのプレーで不自然な形になるという事もないので、カツラやふりかけといった薄毛を改善するためのアイテムよりも優秀という事になります。
何故なら、これらの薄毛アイテムは風雨にさらされると元の状態を保つことが出来なくなるからです。植毛であれば、雨風だけではなく、プールで泳いだりシャワーを浴びたりしても不自然な状態になるという事はありません

植毛を成功するためのポイント

この様に色々なメリットがある自毛植毛のデメリットは、健康保険が適用されないために費用が自己負担となるという事と、毛根組織を採取する部分に傷跡が残るという事がデメリットです。
このために、失敗した時のリスクも大きいので慎重に検討した後に決断する様にしなければなりません。ほとんどのクリニックでは事前にカウンセリングを実施しているので、成功する見込みがあるかどうかをしっかりと確認しなくてはなりません。具体的には、後頭部の毛根組織が健康的な状態を維持しているという事がポイントです。

比較的少ない株数ではドナー部分を剃る範囲は狭くて済みますが、どのぐらいか?は既存のヘアの長さにもよります。
具体的には500株ぐらいまでだと思います。
最近はヘアを剃らないでFUEを行なったレポートもありますが時間がとてもかかること、毛根切断率が高くなること、多くの株は採れないことなどのデメリットがあるようです。

引用元:周囲にバレないFUEについて

最終更新日

AGA , びまん性脱毛症 , クリニック , サウナ , シャワー , シャンプー , プール , 人工毛髪 , 女性 , 植毛 , 男性型脱毛症 , 自毛植毛

    名称アスク井上クリニック
    詳細ハイブリッド自毛植毛「アイセイフ(i-Safe)」は、井上院長が自毛植毛手術の経験と実績を基に考案・開発を行ってきた手法。「刈り上げない・切らない移植方法」のFUE法です。
    薄毛治療20数年の経験と4,500症例超
    痛みや腫れが少なく、仕上がりの美しさを追及してナチュラルな植毛を目指している。
    詳細
    施術i-SAFEスタンダード
    i-SAFEアンシェーブン
    値段i-SAFEスタンダード
    基本治療費 185,000円+1グラフトあたり700円
    i-SAFEアンシェーブン
    基本治療費 185,000円+1グラフトあたり1,200円
    ※全て税別
    カウンセリング費用ドクターカウンセリング:無料
    初診・再診料:無料
    血液検査:無料
    備考診察から手術、アフターフォローまで院長自らが行うので、薄毛の悩みや植毛手術の不安について相談しやすいのも特徴です。
    所在地東京都新宿区歌舞伎町2-46-3  TWG新宿(西武新宿駅前ビル)6階
      名称KM新宿クリニック
      詳細KM新宿クリニックで行うFUERS(ヒュエルス)植毛は、「増毛効果のスピード」、「仕上がりの自然さ」、「痛みや傷跡の少なさ」を実現するために開発された日本の技術です
      1.一生負けない髪を作れる
      2.自然に仕上がる
      3.傷や火傷などの医療植毛にも対応
      という植毛を提案してくれます。
      詳細
      施術FUERS(ヒュエルス)植毛
      値段FUERS(ヒュエルス)植毛:基本料金 200,000円+1グラフト600円~
      ※全て税別
      カウンセリング費用初診料2000円(税抜)、再診料1000円(税抜)
      備考モニター募集があります。
      所在地東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
        名称アイランドタワークリニック
        詳細独自の自毛植毛「i-Direct」
        コンプレックスを解消し本当に満足して頂けるよう、数多くの症例を経験した医師が自然な仕上がりとなるデザインを綿密にプランニング。植毛に精通した熟練の医療チームによるスピーディな施術で、患者様の体への負担と髪の毛へのダメージを最小限に抑えて生着率が95%以上
        詳細
        施術進化し続けるi-Direct法
        新技術、刈らないDirect法
        値段i-Direct法
        基本治療費 200,000円+1グラフトあたり1,200円
        刈らないDirect
        基本治療費 200,000円+1グラフトあたり2,000円

        ※全て税別
        カウンセリング費用カウンセリング料:無料
        備考5割引、3割引ののモニタープランがあるので気になる人はカウンセリングで相談するのがお勧めです。
        全額返金制度、AGA治療薬フォロー制度、交通費・宿泊費サポート制度、医療ローンサービス「メディカルクレジット」などサポート体制も豊富。
        所在地東京都新宿区西新宿6-5-1アイランドタワー5F
        他、大阪、名古屋、福岡